緊急用待機サーバーとテスト方法について

  • HOME »
  • 緊急用待機サーバーとテスト方法について

緊急用待機サーバーの目的

法人プランでは,常時お使いいただくサーバーとは別に「緊急用待機サーバー」を準備しています。

オープンコネクト方式及びシャドウソックス方式は大変規制に強い方式であるものの,万が一規制がかかった場合,すぐに「緊急用待機サーバー」を利用できるようにする目的です。さらにサーバーの故障,データセンターの被災等のリスクも考えられます。

ユーザー様には緊急サーバーの設定もおこなって頂ければ,業務の継続性を確保できます。

緊急用待機サーバーを日常的に利用しますと,規制対象にならないとも限りません。なぜなら当局は,少なくとも暗号化通信をおこなっていることを検知できるからです。当然,緊急時に役立ちません。ですので,原則,平常時は電源は入っている状態でVPNを停止しています。

しかし,ユーザーご自身で緊急用待機サーバーに接続テストできるよう,下記の時間帯で短時間のみ接続可能になります。どうぞ緊急用待機サーバーへの接続テストを実施後,常時接続用のサーバーをご利用下さい。

緊急待機サーバーの情報は,メンバー専用ページで確認頂けます。

緊急用待機サーバーへ接続テストが可能な時間

月曜日から金曜日の下記時間帯 (中国標準時)

毎時0分0秒から10分間

※ 規制等の緊急時には,常時運転へ切り替えます

お問い合わせ

年別アーカイブ

PAGETOP