FAQ:ご利用条件について

  • HOME »
  • FAQ:ご利用条件について

 

フリーランス(個人事業者)ですが,利用できますか?

はい。利用可能です。お申し込みのときに下記いずれかまたは複数の方法で個人事業者として業務利用することをお示し下さい。

・運営ブログ,サイトのURLを付記
・独自ドメインのメールアドレス(ドメイン検索で所有者を確認できること)
・業務用の固定電話番号(ネット上で検索できる番号)
・法人契約している利用者からの紹介の旨と,ご紹介者の勤務先と氏名
・フリーランスの翻訳,執筆,取材,IT開発の方であれば実績または主な取引先

なお,中国国籍のフリーランスの方は本プランへのお申し込みはできません。

 

同時接続数12台を超えてVPNアプリをインストールできますか?

はい。同時接続が12回線ですので,13台以上に設定しても同時利用12台までお使いいただけます。

 

従業員・家族で12回線を分け合って利用できますか?

可能です。管理者が社内の誰に回線を付与しているかを把握いただきますようお願いします。社内的な管理ですので,当社への連絡は不要です。

従業員が中国国籍の場合,業務利用に限って下さい。

個人事業者の方も,使用人及び同居家族(中国国籍は不可)と分け合うことが可能です。

いずれにしましても,ご注意いただきたいのは,利用者が不適切また違法サイトの閲覧を行った場合,その管理者に責任が問われます。

 

支払い方法はPAYPAL以外に可能ですか?

PAYPALによる月ごとの自動決済のみに対応しています。

 

領収書を発行可能ですか?

PayPalのサイトから受領書を印刷していただけます。領収書と同じく法的に有効な経理資料(証憑書類)となります。

PEYPALの受領書であることをもって,税務調査で嫌疑が生じることはありませんので,ご安心下さい。上記の理由で当社からの領収書発行はしておりませんが,ご理解いただければ幸いです。

PEYPALにログイン後,[取引履歴]→[取引の詳細] から印刷できます。

なお,クレジット払いの場合,ショップが発行する「領収書」は,厳密には法的に領収書とは認められません。

ご参考サイト
クレジットカードでは領収書はもらえない?経費精算はどうするの?

経営ハッカー「クレジットカード払いと領収書発行の、ちょっとややこしい関係とは?」

 

接続不能の場合,返金には応じられますか?

当社が返金義務を負う場合,下記の条件がそろった場合です。

(1) 当社の責による接続障害
(2) 緊急サーバーを含むすべてのサーバーが利用不能になった場合
(3) 月間の稼働率が90%未満になった場合

当該条件に該当する場合,その月の利用料を返金させていただきます。詳しくは規約をご覧ください。

一般向けのかべネコVPNでは不十分ですか?

はい。一般向けのかべネコVPNも同業他社と比較して非常に接続性が高いと評価いただいています。業務利用のユーザー様も大勢おられます。

しかしながら業務利用には次の理由で法人プランをお薦めいたします。

・一般向けプランでは年に数回は規制にかかる。

当社では概ね1日から2日以内に新サーバーを立ち上げています。しかし業務ではさらに接続性の高さが求められます。

・北京,ウイグル等では日常的にVPN規制がある

首都またクリティカルな地域では,日常的にVPN利用が困難です。このような地域で業務利用する場合,法人プランをお勧めします。

業務利用の他に,私的な利用をしてもよいですか?

・私的利用可能:中国国籍以外の従業員

ご契約者である事業社の責任のもと,許可されるのでしたら,ライセンス取得者による私的利用が可能です。会社の福利厚生としてもご利用いただけます。フリーランスつまり個人事業者の場合,私的利用が自動的に可能です。現在のところ,中国外国籍のものがVPNを利用したことをもって法的な処分を受けた事例を当社は存じておりません。ただし今後,外国人に対しても利用が厳しく制限される可能性もあります。このような当局の動向にも十分ご留意下さい。

・私的利用不可:中国国籍の従業員

中国国籍の従業員に業務上VPNを利用させると判断する場合でも,その利用範囲について慎重に検討して下さい。私的利用を禁止するよう強くお勧めします。

中国政府は外国人がVPNを利用する分には基本的に寛容です。しかし自国民がVPN利用する場合,従業員はもちろん使用させた事業者も法的問題に遭遇する可能性があります。特にVPNを使ってTwitter等で反政治的な書き込みをした場合,責任は免れません。

一般プランを使っています。法人プランに乗り換えると返金を受けられますか?

下記の条件でご返金させていただきます。

1 返金金額が100日本円以上
2 WeChat又はAlipayで,元建てでの返金
3 レートを 1人民元=15日本円で計算
4 ユーザー様からのご請求があること

少額返済の場合,日本円での返金は手数料の方がはるかに高くなりますので,ご指定のWeChatまたはAlipeyアカウントに元建てで返金させていただきます。また,一般プランと法人プランは別データベースで管理されているため,当社ですべての返金対象ケースを把握するのが困難です。そこで,ユーザー様からの返金請求を条件とさせて頂きます。なお,ご返金後も期間満了まで一般プランをご利用頂けます。また,法人プランお申込み後に,一般プランを申し込まれた場合,通常のお申込みとなりますので,ご返金対象とはなりません。

 

無料期間(グリーン)
有料期間(オレンジ)

例:1年プラン(5,760円)をご利用の場合,上記の重なる残り期間(ポイント利用期限)が4ヶ月ある場合。5,760円の4/12=1,920円 がご返金額です。

 

 

2019年6月5日 shadowsocksへの規制に伴い規約更改

お問い合わせ

年別アーカイブ

PAGETOP